地域に根差した病院

チーム医療

医療安全

安全な医療の提供は、医療の基本であり当院の基本方針に掲げています。

当院の医療安全管理体制

  • ①医療安全管理室に、専従の看護師を医療安全管理者として配置し、他部門から独立した立場で組織横断的に病院全体の医療安全に係わる業務を担っています。
  • ②各部門責任者からなる医療安全管理委員会を設置し、医療安全に係わる対応の決定、提言をしています。
  • ③各部署にはリスクマネージャーを配置し、報告された事例の検討、対策、防止策の周知を行っています。

医療安全管理室の活動内容

  • ①インシデント、アクシデント報告の収集、分析、対策立案、周知徹底、評価及び修正。
  • ②毎週定例の医療安全カンファレンスにて、報告事例の共有、対応検討。
  • ③毎月定例の医療安全管理委員会運営
  • ④毎月定例のリスクマネージャー部会運営
  • ⑤医療事故(医療紛争)発生時の対応
  • ⑥安全ラウンド(施設・療養環境・マニュアル遵守状況などの点検)
  • ⑦安全に関する教育・院内研修会の企画と運営
  • ⑧院内外の医療安全情報の収集と発信(ニュースレターの発行)
  • ⑨患者、家族からの医療・対応に関する相談
  • ⑩医療安全指針・事故防止マニュアル作成

感染対策

感染対策チーム(ICT)メンバーは、ICD・感染管理認定看護師(ICN)・薬剤師・臨床検査技師・医療安全管理室長・事務職員で構成しています。
ICD、ICNを中心に毎週木曜日に集合し、カンファレンス実施後、病棟や各部署を検査室からの院内感染情報に基づいたラウンドにより、抗菌薬の使用状況、病棟環境の清潔保持、水回りの衛生状況、院内各部署の医療廃棄物の廃棄方法、滅菌物や消毒等の管理状況、標準予防策の遵守状況などの監視をしています。問題点や改善必要箇所は病棟や部署にフィードバックし現場のスタッフで対応策を検討、必要に応じてICTが助言し再発防止に努めています。また近隣の3病院と合同カンファレンスを定期的に行い、情報交換、耐性菌発生状況、抗菌薬の使用状況や感染対策活動実施状況を発表し、お互いの病院をラウンドすることによって、違った視点・視野で評価、討議し、感染対策活動のレベルアップにつなげています。

救急医療

北アルプス広域の2次救急医療機関、且つ救急告知病院として、池田町の北アルプス医療センターあづみ病院と2次救急を担っている。救急医療の充実を図るべく、救急医療体制を定め活動している。

基本方針

  • ①北アルプス広域での2次救急機関および救急告知病院として地域の人々の安心と信頼が得られる救急医療を行うように努める。
  • ②北アルプス広域の中核病院であることを誇りとし、最大限可能な救急医療を提供する。

平成29年度実績

  • ①救急車の応需、不応需事例の検討
  • ②救急外来利用状況の報告、検討
  • ③運営上の問題等の討議
  • ④ドクターヘリ検証会、MC分科会、事例検討等
  • ⑤救急医療研修計画と実施:一時救命処置研修、小児二次救命処置研修 その他
  • ⑥マニュアルの見直し

DMAT

DMATとは

DMAT(Disaster Medical Assistance Team)とは、医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療技術職員や事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った医療チームです。
当院DMATチームは医師2名、看護師4名、業務調整員3名が厚生労働省に登録されています。(2018年4月現在)

活動報告

東日本大震災(平成23年)や御嶽山噴火災害(平成26年)では被災地にて病院支援や本部活動を行いました。
また、当院は地域の災害拠点病院に指定されており、平成26年に発生した長野県神城断層地震の際には、多くの傷病者を受入ました。
その他にも地域における大規模災害医療訓練の企画にも携わっています。

糖尿病ケアチーム

糖尿病看護認定看護師又は、糖尿病療養指導士が、糖尿病専門医の外来診察日に合わせて、初診患者さま、インスリン導入患者さま、血糖コントロール不良の患者さまを対象として、指導室に於いて指導を行なっております。
糖尿病は、慢性疾患であるがゆえ、発病し血糖コントロール不良の場合は、合併症により患者さまの日常生活に大きな変化をもたらしてしまいます。一般的な指導では、長期間にわたり良好な血糖コントロールを維持することは困難です。そこで、糖尿病専門外来では、糖尿病専門医と共に患者様一人ひとりの生活背景を伺いながら、ご本⼈の納得できる治療や生活改善を提案していきます。糖尿病合併症を進行させないために皆さまのお力になれる支援を心がけています。

栄養サポートチーム(NST)

栄養障害を生じている患者さんや栄養療法を必要とする患者さんに対し、多職種(医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、歯科衛生士、管理栄養士等)による栄養サポートチーム(NST)で検討し週1回のカンファレンスや回診を実施しています。
個々に応じた栄養療法を選択し、患者さんの生活の質の向上にむけ支援していきます。
また、摂食・嚥下チームも⼀緒に活動し摂食・嚥下機能の改善に取り組んでいます。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、医師4名、看護師5名、管理栄養士、理学療法士、臨床心理士2名、医療ソーシャルワーカー、薬剤師、医療事務及び緩和ケア認定看護師で構成され、院内、在宅ともに、当院かかりつけの方を中心とした活動を行っております。
がん患者さんを中心に、様々な症状緩和を目指し、チームでより良い医療が提供できるように、現場スタッフと協力しております。現場スタッフを支える裏方の様な存在ですが、辛い症状で悩まれる時には、大勢の職種が協力することで、その方にあった方法を検討しておりますので、まずはスタッフにご相談ください。

褥瘡対策

褥瘡対策委員会は、皮膚科医師、看護師、栄養士、理学療法士、薬剤師、臨床工学士、医療相談員、医事課職員が連携し褥瘡の予防・治療を行っています。このように多職種のスタッフが協力することで褥瘡対策を多方面からアプローチしていくことができ、より効率的な予防・治療を行うことにつながります。
褥瘡対策にとって最も重要なことは予防であり、各病棟におけるリスク評価、体位変換の実践、適切な体圧分散マットレスの選択などが求められます。委員会では褥瘡回診を行い、病棟スタッフと話し合いながらより実践的な褥瘡対策が行えることを目指しています。褥瘡発生時には、褥瘡発生の原因を検討してそれを除去し、適切な治療を行えるように方針を決定します。重度の褥瘡が発生したときなどには病棟スタッフと検討会を行って意識を統一して、再発の予防に努めています。

また、院内全体の褥瘡ケアのレベルアップを目的として、年何回か褥瘡セミナーを行っています。褥瘡ケアの知識を共有することで、病棟間の格差をなくし効率的な褥瘡対策が行えるようになります。褥瘡対策委員会は、院内の褥瘡ケアの中心的な存在として予防・治療に関わり、病棟スタッフと連携して褥瘡発生0を目指しています。

排泄ケアチーム

泌尿器科医師、看護師、理学療法士、医事課職員が連携し、排泄でお困りの入院患者様に対して、治療とケア(生活の中でできる工夫、排泄ケアの仕方、用具・用品の紹介、カウンセリング等)を組み合わせて、多方面からアプローチを行い、患者様が排泄の問題を解決できるように多職種チームで関わらせていただいています。
排泄障害は、ご本人のQOL(生活の質)を損ねるばかりでなく、精神的な面でも大きなダメージを与える、重要かつ切実な問題です。
患者様の尊厳を守りながら、排便、排尿に至るまでの心理的、社会的、身体的な要素を考え、自然に排泄できるようにするための方法を病棟スタッフと検討し、遂行しています。

また、院内全体の排泄ケアのレベルアップを目的として、排泄セミナーを行っています。排泄ケアの知識を共有することで、病棟間の格差をなくし効率的な対策が行えるようになります。
排泄ケア委員会は、院内の排泄ケアの中心的な存在として予防・治療に関わり、病棟スタッフと連携しケアを行っています。