診療科

小児科

メッセージ

 新生児から中学生までの内科系の病気を主に幅広く診療しています。
 外科系の治療は院内関係各科や県立こども病院、信州大学病院等に紹介しています。
 疾患のみならず栄養、育児、発達、学業等の諸問題の相談、診療、アドバイスも行っています。
 常勤医2人体制のため急な受診に対応ができないことがあります。時間外受診の際は事前の連絡をお願いします。
 予約、診療内容のお問い合わせ、ご相談の電話は、平日15:30~16:30に小児科外来へお願いします。

外来診療表を見る

医師紹介

竹内 さつきたけうち さつき

職名
小児科部長
専門医等
日本小児科学会専門医
所属学会
日本小児科学会/日本小児内分泌学会/日本小児脂質研究会
得意分野
一般小児

金井 絢子かない あやこ

専門医等
日本小児科学会専門医
所属学会
日本小児科学会/日本小児内分泌学会

赤川 大介あかがわ だいすけ

専門医等
 
所属学会
日本小児科学会/日本新生児成育医学会/日本小児呼吸器学会
得意分野
小児科一般

どのような症状を主に診ていますか?

 午前中の外来では、主に発熱、鼻汁、咳、嘔吐、下痢といった症状を診ています。
 午後は予約制で慢性疾患、乳幼児健診、予防接種、発達専門外来などを行っています。

慢性疾患外来 気管支喘息、低身長、肥満、発育フォロー、夜尿症、川崎病フォロー、心雑音や検尿異常の精査など様々な疾患の診療を行っています。
予防接種 2018年からワクチン予約システムを導入し、初回以降はスマートフォンで予約することが可能です。
発達専門外来 第2、4木曜日(午前、午後)と午後の慢性疾患外来の時間に、健診や保育園、学校からご紹介いただいた発達に関連した症状のお子様の診察、検査、リハビリ、心理療法などを行っています。2018年秋より、臨床心理士によるペアレントトレーニングも始まり、ご家族のサポートも行っています。

 なお、当院では対応が難しい患者様は、県立こども病院や信州大学病院などの医療機関へご紹介させていただいております。