診療科

脳神経外科

メッセージ

冬の寒さが厳しい地域で脳卒中が多いです。救急隊からホットラインで情報を受け速やかな対応を心がけています。症状としては急な片麻痺、しびれ、呂律障害、頭痛、めまい、視野視覚障害、歩行障害など急に起こったときはためらわずに救急車でおいでください。その他、頭部外傷、痙攣、一酸化炭素中毒などの急な意識障害、心肺蘇生後の低酸素脳症などの初期治療にもあたっております。脳外科疾患は急変が多く深刻なものが多いので急患が入ったときには外来予約をお待たせすることがありますが、御理解のほどお願いいたします。睡眠時無呼吸症候群の診断治療にも取り組んでいます。口腔外科と連携しマウスピース、CPAP療法も行っております。認知症の診断治療につきましては木曜日に認知症認定看護師と連携してチームでサポートする体制を取っております。
高気圧酸素療法を行っています。難治性潰瘍や突発性難聴、網膜中心動脈閉塞なども急性期治療しています。

外来診療表を見る

医師紹介

青木 俊樹あおき としき

職名
副院長 兼 診療部長 兼 脳神経外科部長
専門医等
日本脳神経外科学会専門医/日本救急医学会救急科専門医/認知症サポート医/日本リハビリテーション医学会認定臨床医/CPAP療法士
所属学会
日本脳神経外科学会/日本救急医学会/日本脊髄外科学会/日本頭痛学会/日本脳卒中学会/日本高気圧環境・潜水医学会/日本認知症学会/日本睡眠学会/日本脳神経外科漢方医学会/日本リハビリテーション医学会
得意分野
上記専門領域、睡眠時無呼吸症候群、認知症、漢方薬治療

どのような症状を主に診ていますか?

  • ①脳卒中が疑われる急な麻痺、歩行障害、言語障害 脳卒中後遺症
  • ②頭部外傷
  • ③頭痛
  • ④めまい
  • ⑤睡眠時無呼吸症候群(昼の眠気、頻回の夜間途中覚醒、慢性の頭痛やめまい)
  • ⑥認知症(アルツハイマー病、血管障害型など)
  • ⑦脊椎疾患(両手や両下肢のしびれ)
  • ⑧顔面神経麻痺
  • ⑨急な視野視覚障害