地域に根差した病院

看護部

看護部長ごあいさつ

 市立大町総合病院は、北アルプスの白銀の山並みの下、自然豊かな景観に位置しています。

 一般病床2病棟の他に地域包括ケア病棟、療養病棟、訪問看護ステーション、老健施設虹の家の併設された当院において、私たち看護部は、入院から退院支援そして施設入所までを、患者さまとご家族さまに満足していただくことを目標に、日々積極的に看護に取組んでいます。

 また、地域医療を担う病院スタッフとして、助産師による出前授業、認定看護師による地域の医療スタッフへの学習会など、地域活動も行なっております。

 院内教育としては、看護部全員がe-ラーニングを活用した学習機会を等しく得ております。また、さらなるスキルアップを目指すスタッフに対しては、認定看護師等資格取得に向けた手厚い支援が提供され、学業に専念することのできる体制が確立されています。新人教育においては、ベテラン看護師がプリセプターとなり、一人ひとりの成長にあった目標を設定したうえで、その達成に向けた指導を行なうことに力を注いでいます。

 出産や育児などライフイベントに合わせたワークライフバランスを取り入れ、無理なく、互いに助け合いながら長く働き続けられる職場環境を目指しています。

 就職、見学に関するお問い合わせには、いつでも対応しております。お気軽にご連絡ください。

看護部長 西澤千文

看護部目標等

ミッション

評判よく、選ばれる看護と介護

経営理念

サクサク、エレガントに出来る仕事!
ついでに利益を上げよう!
すべては、みんなの笑顔のために!

ビジョン

赤字幅が縮小して、利用者から感謝されることで
看護師がやりがいを感じ、みんなが笑顔になる

バリュー

思いやり、寄り添い、ポジティブ

平成30年度看護部目標

1.利用者の気持ちに向き合い、意思決定を支え、思いやりのある看護を提供する

  1. 満足した療養生活を支える:クリティカルパスやリーフレットの見直し、活用
    ⇒見直し数、各種満足度、アンケート結果、クレーム数・内容
  2. 説明と同意、合意形成を促進する:同意書、計画書の充実
    ⇒同意書、計画書不備数の減少
  3. 倫理カンファレンスを定期的に開催する
    ⇒実施率各部署3か月に1回以上

2.安全な医療への取り組みを推進する

  1. インシデントの報告を増やす、分析率の向上、分析手法の学習
    ⇒報告は1人2か月に1例以上、分析率80%
  2. ラダーを活用して看護のスキルアップをする、自信が持てる:研修・学会参加・発表・eラーニング受講
    ⇒研修、学会参加一人1回以上、eラーニング受講者率、ログイン回数が昨年度を上回る

3.生産性の高い、ポジティブな組織作り

  1. 長期休暇の計画的取得、平等な有休取得、オンオフのメリハリ
    ⇒連続取得率、有休取得の可視化、満足度調査
  2. 自分自身でストレスケアができる
    ⇒ストレスチェック
  3. 時間外労働の削減
    ⇒前年度を維持。削減できなかった部署は10%削減する。業務改善。
  4. 4時間以上勤務者の代休取得の促進
    ⇒実施率
  5. 安定した部署の運用をする
    ⇒病院目標数の達成率
  6. 職員一人当たり、患者一人当たりの単価を意識する
    ⇒前年度を上回る

看護単位の概要

  1. 3階東病棟
    一般病棟(整形外科、脳神経外科、小児科、内科)
  2. 4階東病棟
    一般病棟(外科、泌尿器科、皮膚科、内科、産婦人科)
  3. 5階東病棟
    地域包括ケア病棟
  4. 5階西病棟
    療養病棟
  5. 手術室・中央材料室・内視鏡室
  6. 人工透析室
  7. 外来

看護体制

  1. 一般病棟
    入院基本料 看護配置 7:1
    急性期看護補助体制加算 25:1
  2. 地域包括ケア病棟
    入院料 看護配置 13:1(看護補助者配置 25:1)
  3. 療養病棟
    入院基本料 看護配置 20:1(看護補助者配置 20:1)
  4. 三交代制、二交代制勤務 (本人の希望により選択)
  5. 固定チームナーシング

固定チームナーシング

  1. 固定したチームで1年間活動
  2. チームは年間目標を持って小集団活動を通 して目標達成
  3. チームは継続した患者チームを受け持つ
  4. 私の看護師さん、私の患者さんそして日々の看護はチームで支え合う
  5. チーム間はお互いに応援体制で助け合う