入院・お見舞い

入院案内

医療は、患者さんと医療者の協働により成り立ちます。
よりよい医療サービスが提供できますように、以下の点にご協力をお願いします。

  • 1)ご自身の病歴を含めて健康状態に関する詳細な情報をお伝えください。
  • 2)治療や検査の過程で健康状態に変化や問題を感じた場合は、お伝えください。
  • 3)治療や検査に関して医療者から説明が行われますが、内容がわかりづらいときや医療者の方針に同意できない場合は、その旨をお伝えください。
  • 4)当院の規則及び医療者からの指示を守ってください。
  • 5)他の患者さんや当院職員に対し、迷惑行為や診療業務の妨げとなる行為は謹んでください。
  • 6)医療費の支払い請求を受けた場合は、速やかにお支払いください。
  • 7)当院は災害拠点病院です。災害発生時は、傷病者受け入れ等で病室や病棟の移動などでご協力をお願いすることがあります。

入院時の個人情報等の取扱いについて

入院にあたり、下記について書面で確認をさせていただきます。(入院中に変更も可能)

  • 病室入り口等への氏名表示について
  • お見舞いに来られた方の面会可否について
  • 病状等の説明を受ける人について
  • かかりつけ医の診療情報の閲覧(かかりつけ医が当院の登録医)について

入院までの流れ

予約入院の方

  • (1)入院当日に外来受診のない方は予定入院:②番窓口へおいでください。
      受付は不要です。持参された書類や体調を確認して病棟へご案内します。

  • (2)入院当日に外来受診がある方は受付して各科の外来へおいでください。
      外来で診察や検査等済ませたのち、外来から病棟へご案内します。
      歯科の方は、診察後に②番窓口で書類や体調を確認して病棟へご案内します。

  • (3)夜間休日に予約入院の方は時間外受付:⑪番窓口へおいでください。
      窓口で確認後に病棟へご案内します。持参書類は入院病棟の職員へ渡してください。

受診当日に入院が決まった方

 外来受診や救急搬送で即日入院となった場合は、外来で書類を渡し病棟へご案内します。
 署名等の済んだ書類は、入院病棟の職員へ渡してください。

他の医療機関からの転院の方

 到着後は予定入院窓口(②番)にお越しください。紹介状や退院証明書の提出、保険証確認後に病棟へご案内します。降車のお手伝いや車いすが必要な場合は、お申し出ください。

 入院予定のおおよそ1、2週間以内に、患者さんや同居家族・周囲の方で『発熱や体調不良が続いている、インフルエンザ・新型コロナ陽性・感染性胃腸炎など、各々の症状がみられ診断されたなど』の場合は、各科外来または入退院支援室まで事前にご連絡ください。
 感染症流行期には、予定入院のみなさまに、入院当日まで一定期間体温体調記録表の記入をしていただく場合がございます。感染防止対策の一環としてご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

安全な《医療と療養環境》の提供

 病院での生活環境は、住み慣れた家庭や施設とは異なるため、患者さんがふだんとは違う行動をされる場合があります。それらの結果が思いもかけない怪我、あるいは病状の悪化などにつながります。そういった危険性を回避するために、患者さんの安全を最優先にした対応をとらせていただきます。安全な医療の提供と安心して入院生活を送っていただくため、ご理解とご協力をお願いいたします。

誤認防止について

  • 入院中の医療のあらゆる場面でお名前を伺います。フルネームでお答えください。同時に、リストバンドでの確認認証をします。
  • 入院から退院までリストバンドの装着をお願いします。
  • 装着部の皮膚に赤みや痒みがある時は、看護師へお知らせください。
  • スキントラブル予防のため、ハンドクリームをご使用ください。

転倒・転落防止について

  • 転倒防止のためスリッパよりも運動靴の使用をお勧めします。(リハビリ用靴などは、売店で購入できます)
  • 上はきやパジャマは、体のサイズにあったものを着用しましょう。
  • オーバーテーブルは動きますから掴まらないでください。
  • 状況によりご家族に説明し同意を得たうえで、下記の危険防止対策をとらせていただきます。《ベッド柵の複数使用・ベッドを壁に寄せる・離床センサーを設置する・ミトンをはめる》
  • 床が濡れている場合は、病棟職員にお知らせください。

離棟・離院対策について

  • 主治医の許可のない外出や外泊、あるいは無断離院をされると、入院治療の継続が困難となります。ご理解いただけず治療が困難な状況が生じた場合は、強制退院の措置を取らせていただきます。
    状況によっては、強制退院とさせていただくこともあります。
  • 関係職員一同が留意して対応してはおりますが、無断離院ののち、連絡が取れない状況の時は、ご本人の安全を守るため警察に保護願いを出させていただきます。

高齢の方や認知症の方は、入院という環境の変化に対応することが難しい場合があり、疎外感や不安感を強く感じ、混乱や不眠等を招くことがあります。
家庭で普段使われている日用品など身の回りに置くことで、患者さんの不安が軽くなり、落ち着いて療養できる可能性があります。
ご家族、関係者にご協力をいただく場合がありますので、よろしくお願いします。

感染対策について

  • 病室前に備え付けの手指消毒剤の使用、食事の前やトイレの後など流水での手洗いにご協力をお願いします。面会の方も同様にお願いします。
  • 面会者が発熱や咳など体調不良時の面会は、原則禁止です。
  • 感染症の広がり防止のため、個室への移動を急遽お願いする場合があります。
  • 職員が防護具(マスク、手袋、エプロン、ゴーグルなど)を装着して処置を行うことがあります。(必要に応じてご家族の面会にも、防護具装着をお願いする場合があります。)
  • 生花の持込みは原則禁止していますが、管理上の条件を満たせば可能となる場合もあります。希望される場合は、入院病棟の職員へご相談ください。
  • 東病棟と西病棟の通り抜けはできません。一旦、1階に降りてから病棟までおいでください。

感染症流行期は、院内感染対策に基づき、下記制限が発動されます。
《 館内立ち入り禁止 》や《 面会制限 一部または全面的禁止 》


大北地域の状況に応じて、内容が急遽変更することもございますので、その都度ご案内をさせていただきます。
病院ホームページ、正面玄関、各エレベーター前に表示をいたしますので、ご協力をお願いします。

持参薬について

患者さんが普段内服している薬を入院中に使用させていただく場合がございます。
入院時には必ず『お薬』および『お薬手帳』をご持参ください。

  • お薬を持ってきていただく場合、以下のようにお願いいたします。
    ①入院期間の日数分を目安にお持ちください。(すべて持参してもよいです。)
    ②薬袋(元袋)に入れて持参するか、袋がない場合は薬のみ持参しても構いません。
    ③薬手帳で常用薬の確認ができないときは、地域連携室を通してかかりつけ医や、かかりつけ薬局に処方内容の問い合わせをいたします。
    ④主治医の指示で持参したお薬を使用する際に、患者さんが整えたお薬の形状を崩す場合があります。形状を崩すことにご了承いただけない場合は、病棟の看護師や薬剤師にお伝えください。
  • 普段服用している健康食品やサプリメント等がありましたら、お伝えください。
  • 持参されたお薬が不足する場合は、当院で代替処方いたします。
  • 入院中に他の医療機関から薬の処方を受けることはできません。

入院に必要な持ち物

書類関係

  • 保険証
  • 入院保証書
  • 限度額適用認定証(該当の方)
  • 患者様の情報
  • 個人情報伺い
  • 実費徴収同意書
  • CSセット申込書
  • 体温体調記録表(入院予定日までの2週間程度)
  • 各種福祉医療受給者証・障害者手帳・ペースメーカー手帳など(お持ちの方)
  • その他書類

治療関係

  • お薬とお薬手帳(入院期間の日数分を目安)
  • インスリン製剤やCPAP(普段使用している方)
  • 手術に必要なもの*(別紙:手術用パンフレット参照)
  • 未使用のマスク(不織布仕様)
  • ペットボトル(水やお茶 飲料用)
  • *手術用品は売店で取り扱っております

生活用品

記名にご協力ください

  • 寝まき・パジャマ
  • 下着類
  • タオル類
  • ティッシュやウエットティッシュ
  • コップ(割れないもの)
  • 洗面入浴用具(歯ブラシ・ハミガキ粉、シャンプー類)
  • 上はき(靴タイプ  短期間で入院の時は上下兼用の靴でも可)
  • 食事用エプロンや吸い飲み(必要な方)
  • テレビ用イヤホン(テレビカードは購入)
  • 補聴器や義歯を保管する入れ物
  • 時計
  • ハンドクリームや普段お使いのスキンケア用品
  • 爪切り
  • くし
  • ひげそり

持ち物および入院生活上のお願い

  • 箸やスプーンは病院から貸出します。
    幼児用スプーンや介護用スプーンなど必要な場合は自宅からお持ちください。
  • 電化製品持ち込みは電気髭そり、ドライヤー、携帯電話や充電器に限定しております。
    黒色のコンセントは医療用です。上記私物で使用時には必ず白色のコンセントでご使用ください。ご不明な点は病棟職員にお尋ねください。
  • 多額の現金持ち込みや貴重品持参はご遠慮ください。ベッドを離れる際は床頭台(しょうとうだい)に施錠するなど、私物管理はご自身でお願いします。眼鏡・補聴器・取り外した義歯など、院内での紛失や盗難について責任は負いかねます。
  • 入院当日にご自分で運転してきた場合は、1階①番窓口で駐車届用紙の記入をお願いします。駐車場内での事故、盗難等についての責任は負えません。
  • 患者さんのプライバシー保護のため、電話の取りつぎはいたしません。相手先のお名前や  電話番号をお伺いし、患者さんへその旨をお伝えするようにしております。

病棟について

 急性期、慢性期別に入院をする病棟を決定しております。
 急な病状の変化や緊急入院の対応で、病室の移動を急にお願いすることがあります。
 有料個室利用の希望も伺っておりますが、患者さんの状態を最優先としてご案内して おります。個室のご希望に添えないこともあります。

急性期病棟:3階東、4階東病棟

  • 治療や手術等目的の、予約入院や緊急入院の患者さんを主に対象としています。入院診療計画書に基づき、治療のめどが立ち症状が安定するまでの間を過ごしていただきます。
  • 治療の目安がつき病状が安定した方で、主治医の指示や許可がおりた場合に、退院後の生活の準備や調整を目的とした地域包括ケア病棟へ移動していただきます。その際は、担当から患者さんやご家族に説明をし、同意をいただきます。入院病棟を移動しても、主治医はかわりません。

地域包括ケア病棟:5階東病棟

  • 主として退院に向けた支援や調整を行う病棟です。身体の機能回復や改善を目標としたリハビリを行う場合もあります[専門のリハビリ担当者がつくこともあります]。福祉サービスの見直しや検討、生活環境の調整が必要な方には、ケアマネジャーや地域の介護・福祉関係者を交えた支援者会議を行います。
  • 眼科(白内障手術)や泌尿器科(前立腺針生検)、歯科口腔外科(抜歯)、教育目的入院(糖尿病)、在宅療養中のレスパイト(介護負担軽減)期間限定入院も対象です。

療養病棟:5階西病棟

  • 急性期の治療が終了し病状が安定した後、医学的な管理や医療処置の必要な方を入院の対象としています。(療養病棟は、医療保険制度で運用する病棟です。)
  • 入院申込みに必要な書類を揃え、療養病棟判定会において審査を行います。審査の結果を待って、入院適応の判定された方が入院の対象となります。
  • 原則的には期間を定めての入院になります。入院期間中に患者さんやご家族、療養病棟スタッフ、臨床心理士、社会福祉士を含めたカンファレンスを定期的に行い、今後の療養生活について対応させていただきます。

入院中の医療体制について

治療は主治医制です

  • 入院診療計画書の治療内容や入院期間について説明し、同意をいただきます。
  • 病棟の回診は、各診療科の病棟担当医師が行います。夜間・休日を含めた緊急の診察は、各科の管理医師か病院の日当直医師が行います。
  • 他の医療機関でのセカンドオピニオンや、治療の継続やリハビリ目的で、地元の病院や専門病院への転院を希望するときは、主治医や看護師へお伝えください。
  • 診療報酬制度にて、入院中は主治医が必要と判断して紹介する場合を除き、他の医療機関の受診、投薬、治療を受けることができないと、定められております。
  • 入院中に、当院の歯科治療を希望されるときは、主治医か看護師まで お伝えください。

受け持ち看護体制です

  • 看護師は24時間交代、受け持ち体制をとっております。 介護員や医師事務と協働して入院から退院まで【検温 医療処置 身の回りのケア 生活指導 退院支援と調整】など、患者さんひとりひとりに最善のケアが、計画的に提供できるように努めてまいります。
  • 必要に応じて専門サポートチームが環境調整や症状改善に向け対策を立て、関わらせていただきます。専門サポートチームは院内の多職種で構成されています。

入院中の口腔ケアについて

 入院中の口腔ケアは、経口摂取による病状回復に大変重要な役割を持っており、食べる喜びや楽しみ、全身状態の改善をもたらす可能性があります。
 当院では、お口のトラブル、手術後や肺炎等の合併症予防、口腔機能(食べたり飲んだりする力等)低下予防のために、歯科医師・歯科衛生士・多職種が連携してお口の状態を観察し、必要なケアを行っております。
 専門的口腔ケアは歯科での会計となり、入院費精算時には医科・歯科ご一緒にお支払いとなりますが、領収書はそれぞれに発行されます。詳細について説明を希望されるときは病棟職員または会計窓口でお尋ねください。

入院中の生活について

病棟 病室の環境について

病室区分 設備等 使用料金(税込)
多床室(4人部屋) テレビ付き床頭台・収納ロッカー・共有洗面台 室料の負担なし
特別室(4階、5階) テレビ付き床頭台・収納ロッカー・収納タンス・洗面台・バス・トイレ・ソファー・冷蔵庫 1日 5,500円
特別室(3階) テレビ付き床頭台・収納ロッカー・収納タンス・洗面台・トイレ・冷蔵庫
個室(トイレ付) テレビ付き床頭台・収納ロッカー・洗面台・トイレ
*3階病棟(2人部屋)
1日 3,850円~4,400円
個室(トイレなし) テレビ付き床頭台・収納ロッカー・洗面台 1日 2,750円
  • 病室設備:ベッド テレビ付き床頭台 収納ロッカー
  • 病棟ラウンジ設備:テレビカード購入機、大型テレビ、流し台、電子レンジ、畳コーナー、自販機(入院用品3階4階、飲料)
  • 3階病棟 2人用病室(トイレ付)利用は、個室に準じた室料がかかります。(2,200円/1人/日)
  • 病棟病室内すべてフリーWiFi利用可能です。

起床・消灯時間

  • 起床は朝6時、消灯時間は午後9時です。

食事について

  • 病状や栄養状態に合わせて食事を提供します。献立表は病棟に掲示されます。食事についての相談やアレルギー食材のある方は、医師または看護師までお知らせください。
  • 診察や処置、検査の都合で、食事時間が前後することやお待ちいただくことがあります。
  • 貸出用はしやスプーンはトレイに載せて配膳し食後に回収します
  • 幼児用スプーン、介助用スプーン、介助皿が必要な方は記名したものをご家庭で用意し、お持ちください。

面会について

  • 治療と安静のため面会時間はお守りください。
  • 面会の際は、ナースステーション窓口で面会申込用紙をご記入ください。
  • 多人数での面会はラウンジをご利用いただき、長時間の病室での面会はご遠慮ください。
  • お子様連れ(15歳以下)の面会はご遠慮ください。

面会時間

  • 必要に応じて、入館制限【一部面会制限 又は 全面的面会禁止】を行います。
    感染防止対策のため、ご理解をいただきますようお願いいたします。
    *病院ホームページや玄関掲示物、広報誌等でご確認ください*
  • 面会禁止期間中の洗濯物等受け渡しについては、別紙でのご案内となります。
  • 長期にわたる入館制限中は、オンラインでの面会(平日のみ予約制)が利用できます。希望される場合は入院病棟の職員にご相談ください。

入院中の付き添い(入館制限中は禁止)

  • 付添いは許可が必要です。付き添い用の寝具使用料は220円/日です。

外出・外泊(入館制限中は禁止)

  • 主治医の許可が必要です。「外出・外泊届」を記入しお出かけください。

入浴

  • 入浴許可されている方は、各病棟の入浴時間を確認のうえご利用ください。

避難経路について

  • 各病室に案内掲示図がありますので入院時にご確認ください。
  • 地震や火災など非常事態が発生した場合は、病棟職員の指示に従って行動してください。
  • 避難するときエレベーター使用は禁止です。病棟職員の指示に従って行動してください。
  • 火災発生時は各所の防火扉が閉鎖されますが、小ドアは手で開閉できます。

院内サービス施設

ATM 当院施設内にはATMがありません。大町駅前商業施設周辺、コンビニATMをご利用ください。
売店 入院に必要なものや食料品等を扱っております。

売店のご案内はこちら

自動販売機
飲料水 売店横 眼科外来横 各病棟ラウンジ
新聞 売店 泌尿器科外来中央トイレ前
入院用品 外科外来前 3階、4階の各ラウンジ内
マスク 正面玄関電話横、各エレベーター前 小児科外来前
レストラン 南棟さくらの1階でレストラン「ビアンモール」が営業しております。

レストランのご案内はこちら

郵便ポスト 病院玄関前(ふれあいバス停の横)
公衆電話 正面玄関 4階東病棟 5階東病棟のエレベーター前
タクシー手配専用電話(有線電話) 正面玄関〈アルピコタクシー、アルプス第一タクシー〉
両替機 1階受付窓口向かい側(1万円札の両替が可能です。会計窓口では両替はできません)
テレビカード購入 売店 各病棟ラウンジ
テレビカード清算機 1階中央トイレ(泌尿器科前)
処方箋FAXコーナー カウンター⑦番窓口
落し物、忘れ物 ①番窓口でお問い合わせください。
※ 1か月保管の後、連絡がないものは処分させていただきます。

病院内の携帯電話使用について

  • 歩行中の通話やメール、写真や動画撮影および録音機能の使用は禁止です
  • 他の方の迷惑にならないよう、マナーを守りご使用ください。
  • 全病棟でフリーWiFiが可能です。パスワードは各病棟ラウンジでご確認ください。
  • 院内はマナーモードに設定し、通話は下記の指定区域のみとなります。

院内での携帯電話等の使用について

入院中および面会中の禁止事項

  ★印は面会の方にも当てはまります

  • ・検査や医療のために、指示又は許可されたもの以外の飲食
  • ・無断外出、無断外泊
  • ★飲酒
  • ★喫煙(病院敷地内、病院施設内は全面禁煙です。)
  • ★他の患者さんや職員に対する暴力暴言、大声や威嚇、性的嫌がらせ等のハラスメント行為
  • ★治療内容や方針を強要、執拗な面談を求める行為
  • ★故意的に建物、設備、医療機器などを汚染または破損する行為
  • ★危険物、他人に影響を及ぼす可能性のあるものを持ち込む行為
  • ★許可のない動画や写真の撮影、音声の録音、画像や誹謗中傷に値する表現のネットへの投稿、SNSでの拡散行為

※ 上記、禁止事項行為の発生で診察や治療が続行不可能となり、病院の管理・運営に支障をきたすと病院が判断した場合は、対象者に強制退院、面会禁止、院外退去を指示いたします。

※ 行為や行動が著しくエスカレートし、当院の指示や勧告に従わない場合は、警察に通報し対応します。

※ 病院備品を破損された場合は、実費で弁償していただくことがあります。ご了承ください。

退院に向けた支援と調整

退院先の意向確認と退院調整について

  • 退院に向けての支援を入院早期から始めます。入院から3日を目安に、入院前の生活の様子を伺い、予定する退院先について患者さんやご家族の意向をお聞きします。
  • 入院診療計画書を参考に、おおよそ入院から7日を目安に、患者さんやご家族の意向に沿った退院支援計画をたてます。その内容について書類にし、説明と同意をえたうえで署名をいただきます。この書類【退院支援計画書】は入院早期に予測される支援についてのものです。患者さんやご家族の意向に変化が生じた際にも、途切れることなく支援をいたします。
  • 退院先に係る問題や退院後の生活に関しての不安やご相談があるときは、病棟看護師にお伝えください。相談の内容により退院調整看護師・社会福祉士等の退院調整部門と連携し、退院後の生活や想定される支援について、お話の機会を設けさせていただきます。患者さんやご家族の意向も踏まえながら、退院後の生活に必要となりそうな社会資源や支援について、患者さんご家族とともに多職種で検討し、調整へ繋げてまいります。
  • 入院前から福祉や介護サービスの利用がある場合は、かかりつけ医やケアマネジャー、介護ヘルパー等の地域の関係者と連携を取り、情報共有を行います。退院前には、本人やご家族を含めた関係者で話し合いを行い、退院後のサービスがスムーズに再開できるように調整をします。退院先が施設等(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・サービス付高齢者住宅など有料老人ホーム)の場合は、施設の担当者と連絡を取り合います。

退院について

  • 主治医の退院許可が出ましたら、ご家族やケアマネジャー(介護サービス再開する場合)と相談のうえ、退院する日にちを教えてください。看護師が退院の手続きをすすめますので、入院費概算を知りたい場合は(平日のみ対応です)、早めに看護師までお伝えください。
  • 緊急性の高い患者さんの受け入れ準備や治療のため、午前中の退院にご協力ください。
  • 退院処方薬のある時や退院後の外来予約があるときは、患者さん自身やご家族も、薬手帳や渡された処方薬内容、予約表のご確認をお願いします。
  • 退院後にかかりつけ医へ受診する場合は、医師宛の診療情報提供書をお渡しします。
  • ケアマネジャーや入所施設、訪問看護ステーション宛に、情報提供書や看護サマリーを作成した場合は、早めに各担当者にお渡しください。
  • 入所施設等へ、地域医療福祉連携室経由で看護サマリー情報を先にFAXする場合もありますのでご了解ください。

費用と支払いについて

入院医療費について

病棟、病床により厚生労働省の定めた入院医療費計算方式が変わります。

  • 一般病棟
    当院はDPC対象病院です。厚生労働省が定めた診断群分類ごとに、1日当たりの定額点数を基本として入院医療費を計算します(包括評価方式)
  • 地域包括ケア病棟
    基本的には入院料は定額で、厚生労働省の定めた薬剤、処置、リハビリ等以外はすべて入院料に含まれます。

入院費お支払いについて

会計は⑤番窓口 
  平日(月~金)   9:00~16:30
  第2土曜日     9:00~12:00

※現金・口座振込(長野銀行、八十二銀行、JA大北農協)・各種クレジットカード対応
※時間外や休日は⑪番時間外受付(救急外来受付)


  • 定期請求や郵送で請求書がお手元に届きましたら、3日以内を目安にお支払いください。定期請求は、翌月10日頃に請求となります。
  • 定期請求や郵送で請求書がお手元に届きましたら、3日以内を目安にお支払いください。
  • 領収書の再発行はできませんので大切に保管してください。※医療費証明書の再発行は1,100円です。

取扱いカード会社

限度額認定証について

  • 入院費の窓口負担額が減免される制度です。所得に応じて発行の限度額を確認し、保険証に記載のある各保険者にお問い合わせください。

患者相談窓口

患者さんやご家族からの入院による不安や心配事、退院後の生活、転院についてなど様々なご相談に対応しております。

◇ 外来受診  

◇ 他の医療機関の予約  

◇ セカンドオピニオン  

◇ 紹介状等の医療連携  

◇ 入院・転院の相談  

◇ 退院後の療養生活に関すること  

◇ 医療・介護・福祉サービスに関すること  

◇ 医療費のこと  


相談窓口時間
  平日(月~金)   8:30~17:15
  第2土曜日     8:30~12:30

1階相談窓口へおいでいただくか、病棟看護師又は社会福祉士までお申し出ください。


お問い合わせ

入退院支援室(地域医療福祉連携室)
0261-22-0415(代表)(内線2020)
医事課入院係
0261-22-0415(代表)(内線2025)