診療科

消化器内科

メッセージ

消化器内科では、食道から大腸までの消化管と肝臓、胆嚢、膵臓の疾患の診療にあたっています。また、健康診断で消化器に関連した異常を指摘された場合の精密検査にも対応しています。内視鏡検査は、非常勤医師らの協力を得て毎日行っています。また、消化管出血の止血術、早期胃癌および大腸ポリープの内視鏡治療などを行っています。常勤医師が一人であるため、より高度な治療が必要な場合や当施設での緊急対応が難しいときには、信州大学をはじめ近隣の施設へ紹介いたします。

外来診療表を見る

医師紹介

小林 健二こばやし けんじ

職名
医療情報部長 兼 消化器内科部長 兼 副内科部長 兼 内視鏡室長
専門医等
日本内科学会認定内科医、総合内科専門医/日本消化器病学会認定消化器病専門医、指導医/日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、指導医/日本消化管学会認定胃腸科専門医/米国内科専門医/米国消化器内科専門医
所属学会
日本内科学会/日本消化器病学会/日本消化器内視鏡学会/日本消化管学会/日本消化器がん検診学会/日本人間ドック学会
得意分野

どのような症状を主に診ていますか?

  • ①腹痛
  • ②食べ物のつかえ、胸やけ、胃もたれ
  • ③吐血、下血、血便
  • ④黄疸
  • ⑤便通異常(下痢、便秘)
  • ⑥健診異常(便潜血、肝機能検査の異常、胃造影検査の異常など)