診療科

漢方・リウマチ科

メッセージ

 当科では漢方治療とリウマチ・膠原病の治療を行います。漢方治療は、一般的治療で改善しない症状、西洋医学で扱いにくい症状(自律神経失調症、冷え症、体質の問題など)が対象となります。漢方薬はエキス製剤または煎じ薬(刻み生薬を自宅で煎じます)を使用し、どちらも保険診療で処方できます。お困りの症状がありましたらご相談ください。
 リウマチ・膠原病の治療では、メトトレキサートや生物学的製剤など西洋薬を使用して、疾患活動性や合併症の有無を確認しながら診療しています。関節症状や消化器症状、倦怠感など日常生活に支障のある症状には漢方薬を併用して、より良い生活を送れることを目指しています。

外来診療表を見る

医師紹介

北原 英幸きたはら ひでゆき

職名
漢方・リウマチ科部長
専門医等
日本東洋医学会認定漢方専門医/日本内科学会認定内科医、総合内科専門医/日本リウマチ学会認定リウマチ専門医
所属学会
日本東洋医学会/日本内科学会/日本リウマチ学会/日本医史学会
得意分野
漢方診療

どのような症状を主に診ていますか?

  • ①関節リウマチ、膠原病
  • ②自律神経失調症、冷え症、のぼせ
  • ③月経関連症状、更年期障害
  • ④難治性の痛み(頭痛、腹痛、腰痛、関節痛など)、しびれ
  • ⑤消化器症状(食欲低下、便秘、下痢など)
  • ⑥排尿異常
  • ⑦不眠症、不安症