市立大町総合病院病院指標

平成27年度 市立大町総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

診断群分類とは

入院における患者さんの病名と行われた医療行為等の組み合わせにより、様々な状態の患者を分類するものです。

集計対象

  • 当院を平成27年4月1日~平成28年3月31日までに退院した患者さんを集計対象としています。
  • 集計期間内に同一人物が複数回入退院した場合、延患者数として数えます。
  • 集計対象が10件未満のものは、非表示[-(ハイフン)]となっております。( 例:「2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)」において、患者数が10件未満のものは、「患者数」は非表示とし、「平均在院日数(全国)」以外の項目も、非表示としています。)
  • 手術の集計においては、特定の手術を受けた患者さんは集計に含みません。
  • 以下の条件は集計対象外となっています。
    A) 自費診療・労災・自賠等の医科保険以外の保険を使用した患者さん。
    B) 入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児
    C) 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を 改正する件(平成28年厚生労働省告示第88号)』に規定)

1.年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 207 42 48 61 94 138 440 600 776 290

 当院が位置する大北医療圏は、平成26年度の高齢化率が32.9%であり、長野県全体の高齢化率29.2%を3.7%上回っています。
そのため、入院患者さんも高齢層が多く、80歳以上が全体の約4割、70歳以上で約6割に達しています。
また、当院は大北医療圏で唯一分娩を取り扱っています。そのため分娩に係る入院患者さんや新生児及び乳児の入院患者さんもおり、9歳以下で全体の約8%を占めています。

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 87 22.48 21.69 87.29
040080x099x0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 処置2なし 71 12.21 14.34 1.41 78.07
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 69 17.75 18.30 86.14

 脳梗塞後遺症や認知機能低下に伴う嚥下障害により、誤嚥性肺炎を発症する患者さんの受け入れが多くなっています。約1/3は介護施設等からの紹介患者さんで、退院後再び施設に戻られています。
細菌性等の肺炎は誤嚥性肺炎と比べると平均年齢は10歳ほど下がり、入院日数も短い傾向となっています。約6割の患者さんは平均在院日数より入院期間が短く、そのほとんどが自宅に退院されています。
心不全は高血圧、慢性腎臓病などの慢性疾患を保有する患者さんが多く、在院日数も長くなる傾向があります。そのため訪問診療や訪問看護と連携することで在院日数の短縮を図っています。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 定義副傷病なし 54 4.19 6.31 4.37
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 33 3.27 5.50 3.61
040080x1xxx0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳未満) 処置2なし 31 3.68 5.72 4.29

 小児喘息は繰り返し入院する傾向があるため、件数も多くなっています。
ウイルス性腸炎や肺炎、急性気管支炎は入院件数が毎年上位となっている疾患で、季節の変わる時期や流行期に患者さんが増えています。家庭内等での感染により兄弟で入院される場合も多くなっています。
いずれの疾患も全国の平均在院日数より短い期間で退院となり、自宅療養となっています。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病なし 156 3.41 2.76 69.12
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_5あり 定義副傷病なし 49 5.47 4.53 69.47
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 29 14.14 9.17 77.17

  外科では、内視鏡医による大腸カメラ検査におけるポリープ切除後の入院が一番多くなっています。クリティカルパスの適用により術後3日前後の短期入院となっています。また当院や他院で診断・治療された患者さんの結腸癌における化学療法目的の入院も多くなっています。繰り返し化学療法を行うため、退院者数が多くなっています。
腸閉塞は、高齢の患者さんが多くなっています。生活復帰を目的としたリハビリテーションの実施等により、在院日数は全国平均より長くなっています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 20 26.85 21.52 10.00 82.05
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 11 99.91 28.70 85.55
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 処置2なし 10 36.50 21.26 78.30

  整形外科では、転倒、転落により骨折や関節痛を訴え、受診される方が多く見られます。現在医師1名体制となっていることから転院していただく場合もありますが、手術適応の患者さんの受け入れも行っています。入院後は早期からリハビリテーションを行い、在宅復帰に向け日常生活動作維持や改善を図っています。高齢の方が多いため在院日数は全国平均よりも長くなっています。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり 73 3.25 2.07 70.88
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 32 8.22 10.02 72.59
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_3あり 定義副傷病なし 30 18.83 18.08 16.67 77.37

 睡眠時無呼吸症候群の検査やCPAP療法導入のための入院が多くなっていますが、慢性硬膜下血腫等の入院患者さんの受け入れも多く、在院日数も全国平均より下回っています。
また、70歳以上の入院患者さんが約6割を占める中、脳梗塞による入院も多く、必要に応じ大学病院等の高次機能病院やリハビリテーション病院等との連携し診療を行っています。


皮膚科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11.97
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 8.97
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 処置2なし 定義副傷病なし 3.58

 皮膚科では蜂窩織炎などの皮膚の感染症や帯状疱疹、蜂刺されで入院された患者さんが多くなっています。
集計件数(患者数)が10件未満のものは、非表示となっております。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 40 2.00 2.72 72.00
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 処置1なし 定義副傷病なし 25 2.64 2.89 62.20
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 21 7.24 7.59 75.33

 前立腺の悪性腫瘍は、健診等の紹介で来院された患者さんの検査入院となっています。
上部尿路疾患では腎・尿管結石の手術目的の入院が多くなっています。当院は大北地域で唯一ESWL(体外衝撃波腎・尿管結石破砕術)を行える施設のため他院からの紹介もあり、件数が増えています。また、膀胱癌の手術を目的とした入院が多くなっています。
いずれもクリティカルパスの適用により、全国の平均在院日数と同等かそれ以下の在院日数での退院となっています。


産婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 10.18
120140xxxxxxxx 流産 2.34
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 腟式等 処置2なし 3.39

 平成27年度の診療は、年度当初は医師が不在のため診療を休止していました。年度途中から医師が2名体制となったため、今後は更なる診療が見込まれます。
DPCによる保険診療での患者さんでは、子宮良性腫瘍、悪性腫瘍や流産による患者さんが多くなっています。
集計件数(患者数)が10件未満のものは、非表示となっております。


眼科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 185 2.41 3.01 76.76
020110xx99xxxx 白内障,水晶体の疾患 手術なし 2.72
020110xx97xxx1 白内障,水晶体の疾患 手術あり 両眼 8.42

 眼科では、白内障の手術を行う患者さんが主に入院しています。
月に2度、それぞれ5~8名程度の患者さんの治療を行っています。高齢の方が主ですが、クリティカルパスの適用により3日以内で退院することが出来ます。
集計件数(患者数)が10件未満のものは、非表示となっております。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 1 7
大腸癌 15 17 23 76 1 7
乳癌 19 1 7
肺癌 1 7
肝癌 20 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 現在、日本で最も発症率の高い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の病期(Stage)ごとのDPC症例数を集計したものです。
当院では消化器外科の専門医が2名おり、早期診断、治療に対応しています。内視鏡手術、腹腔鏡手術をはじめとする治療から術前抗がん剤投与を併用した拡大手術まで行っています。胃がん、大腸・直腸がんにおいては、開腹手術はもちろん腹腔鏡手術も積極的に取り組んでいます。
また乳癌においては、乳腺悪性腫瘍手術を平成27年度に13例行っており、早期診断、治療が対応可能となっています。
肺癌、肝癌に関しては、専門医が不在のため近隣大学病院等へ紹介するなどの連携を行っています。
再発例については、近隣大学病院等と連携し、大北地域に在住の患者等を受け入れ、治療後の経過管理、緩和ケア、在宅へ向けたケアを行っています。
集計件数が10件未満のものは、非表示となっております。

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 11 7.09 49.91
重症度 1 10 8.60 71.60
重症度 2 21 12.43 80.95
重症度 3 17 15.71 84.76
重症度 4
重症度 5
不明

 市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎のことです。症状や年齢により重症度を区分しています。
当院での重症度別の患者数では、重症度2が最も多く市中肺炎の3分の1を占めています。年齢が高くなるほど重症度が高くなり、平均在院日数も長くなる傾向にあります。超重症患者は近隣大学病院等へ紹介するなどの連携にて対応しています。
集計件数が10件未満のものは、非表示となっております。

5.脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 76 35.63 80.92 11.84
その他 24 45.29 82.42 4.17
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

 脳梗塞で入院される患者さんの76%は発症後3日以内に治療が開始されています。早期対応により、発症後の日常生活動作障害が軽減されますが、平均年齢が高いこともあり、在院日数では、発症後3日以内に治療を開始した場合とその他のケースであまり大きな差となっていません。
また、当院では急性期から在宅まで一貫した脳梗塞の治療管理を行うことが可能でに対しては在宅診療チームや認知症対応チームと連携し適切なケアに努めています。超急性期に血栓溶解療法、高気圧酸素治療を実施していますが、さらに治療が必要なときには大学病院等と連携して速やかな対応を心がけています。専門病院でのリハビリテーションを希望される患者さんに対しては回復期リハビリ病院へ紹介するなど連携にて対応しています。
集計件数が10件未満のものは、非表示となっております。

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 23 3.96 20.65 73.39
K607-3 上腕動脈表在化法
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)

 透析導入時の内シャント設置術が主なものとなっています。そのほとんどが予定入院であり、退院後は自院での透析治療となります。入院期間は平均3日となっていますが、併存症の経過観察やシャントの発達不良等により、在院日数が長くなることもあり、全体では術前約4日、術後約21日の在院日数となっています。
集計件数が10件未満のものは、非表示となっております。


小児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的)

 小児科では腸重積症の患者さんに対する整復術が行われています。
表示手術患者数は、10件未満のため非表示となっております。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 143 0.15 2.50 69.54
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 15 8.73 36.40 73.47
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 15 0.60 2.93 66.67

 外科のDPCで最も手術症例が多いのは、内視鏡医による内視鏡的大腸ポリープ切除術です。大腸内視鏡にてポリープを観察し、必要と判断された場合は切除しています。クリティカルパスを適用し約3日で退院となります。
結腸切除術は、ほぼ悪性腫瘍に対して行われています。他科からの紹介や血糖、抗血栓薬のコントロールのため平均術前日数が長くなっています。また開腹での手術となり腹腔鏡での手術も行っていますが、在宅復帰へ向けたリハビリテーションも行われるため、平均術後日数も長くなっています。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 12 14.33 94.83 85.17
K0462 骨折観血的手術(下腿、前腕)
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿)

 骨折観血的手術は骨折をもとの正常な位置になおす目的で行われています。骨折観血的手術(大腿)では高齢の方が多い傾向にあります。転位(骨のズレ)が大きいために術前に引っ張って骨の位置を直す場合や、抗血栓薬のコントロールを行う場合もあり、通常平均術前日数は4日程度ですが、この期間は他の疾患の治療後に手術を行った症例があったため、平均術前日数が長くなっています。また、手術後も早期からリハビリテーションを行い、在宅復帰に向けADL(日常生活動作)維持や改善を図っていますが、高齢の方が多いため術後日数は長くなっています。
集計件数(手術件数)が10件未満のものは、非表示となっております。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 14 0.92 16.21 70.64
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K145 穿頭脳室ドレナージ術

 脳神経外科の主要な手術は、硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術となっています。比較的身体に負担をかけずに手術が可能で早期から症状の回復が期待できるため、短期間で治療が完了します。しかし、転倒で血腫になってしまう高齢の方も多く、日常生活動作改善を目的としたリハビリテーションが長くなってしまうため、術後の平均在院日数は約16日となっています。
集計件数(手術件数)が10件未満のものは、非表示となっております。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 25 0.48 1.64 62.20
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 19 1.84 6.15 74.42
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用)

 退院患者数の上位にも挙がっていますが、腎・尿路結石及び膀胱癌への手術が多くなっています。ESWL(体外衝撃波腎・尿管結石破砕術)は、腎結石尿管結石を衝撃波によって砕く手術です。当院は大北地域で唯一ESWLを行える施設のため他院からの紹介もあり、全体として症例数が多くなっています。膀胱悪性腫瘍手術や経尿道的前立腺手術は経尿道的(腹部を切らずに尿道から内視鏡にて行う術式)に行われるため体への負担も少なく、短期間の入院で治療が完了します。
集計件数(手術件数)が10件未満のものは、非表示となっております。


産婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 10 1.70 7.50 45.90
K9091 流産手術(妊娠11週まで)
K867 子宮頸部(腟部)切除術

 平成27年度の診療は、年度当初は医師が不在のため診療を休止していました。年度途中から医師が2名体制となったため、今後は更なる診療が見込まれます。
平成27年度の主な手術は子宮全摘術です。子宮全摘術の内訳は腹式6症例、腟式4症例となっています。腹式全摘出術は6症例全てが子宮筋腫に対して行われ、クリティカルパスの適用により、平均在院日数は9.5日となっています。腟式全摘出術は子宮筋腫、CIN(子宮頸部上皮内腫瘍)のそれぞれ2症例に対して行われ、4症例ともクリティカルパスの適用により7日で退院となっています。
集計件数(手術件数)が10件未満のものは、非表示となっております。


眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 186 0.01 1.41 76.74
K224 翼状片手術(弁の移植を要する)

 白内障に対する水晶体再建術を主に行っております。高齢で初発の患者さんが多く、片目ずつの手術となるため患者数(件数)が多くなっています。必要最小限の在院日数で退院できるよう、全患者さんにクリティカルパスを適用しています。
集計件数(手術件数)が10件未満のものは、非表示となっております。

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

 集計件数が10件未満のものは、非表示となっております。

更新履歴
2016/09/30
病院指標掲載